ファラオぷらす1
 
ファラオとミニミーとの生活  そして銀だけ
 


銀の話

通称 銀    銀二郎


昨年末、ミニミーが亡くなり、彼はミニのいた場所をよくのぞき込んでいたが、
やがて、ファラオの背中を 怒られても怒られても
いつも舐めるようになった。

ファラオも最初は嫌がっていたが諦めたようだ。

そして
ファラオが亡くなり、あたしたちが悲しみに沈んでいる中
銀が妙な行動をとるようになった。

隠れる・・・というか、
ソファの下のカーテンの裏に入り込み、そこで寝る。

呼べば出てきたが 最初はびっくりした。
なんだかなーって感じで

そして自分の横腹を舐め続け、禿げて腫れた・・・

散歩を拒否して家から出ない・・・
ご飯を食べない・・・と、ここで気がついた。

彼もまた 喪失感に狼狽していることに・・・
ネットで調べると   鬱 じゃん・・・


ごめん・・・・そこまで
あんたまで気が回らなかった。
父ちゃんはファラオがいなくなったことで 銀に文句を言って八つ当たりした・・・

銀だって寂しいのに


娘が わんこのぬいぐるみをセットで買ってきて
銀にあげた・・・・
そこに顔を埋めて銀が寝た。

ぬいぐるみを舐めて 自分を舐めることをやめた。

ソファの下に潜るのをやめた。

散歩も復活した(時々嫌がるが)


反省 反省 反省

犬・・・わんこって 愛情深いんだった・・・


うちら夫婦はまだ時間かかるかもしれない。
まだまだ 泣けるもの・・・
でも、
銀、

あんたのことも大切にするよ・・・
大丈夫。


  仲良く歩こう  3人でさ



Oct.11(Thu)13:27 | Trackback(0) | Comment(0) | ペット | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)